Staff Blogスタッフブログ

ホテル・専門式場・レストランとゲストハウスウエディングを比較

式場探し 結婚式

結婚式場のスタイルは大きく4つ。それぞれの特徴

結婚式会場は、大きく分けると4つのタイプ・スタイルに分類されます。
それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

ホテル

宿泊はもちろんレストラン、宴会など利用方法が多岐にわたる複合施設。ホテルウエディングの最大の魅力は、充実した施設とホスピタリティです。実績が豊富で知名度の高いホテルでのウエディングは、ご年配のゲストにも喜ばれます。

ホテルとゲストハウスウエディングの比較↓

専門式場

専門式場は1970年代にでき始め、ホテルウエディングに次ぎ伝統ある式場タイプです。挙式・披露宴を同一施設で行う事ができます。ウェディングに精通した、結婚式専門のスタッフがプランニングしてくれる点もポイントです。

専門式場とゲストハウスウエディングの比較↓

レストランウエディング

普段はレストランとして営業している場所を貸し切ってウエディングをするスタイル。レストランでは主に、ウエディングパーティ(披露宴)が催されます。費用を抑えたい、でもゲストには喜んでもらいたいという方が、お料理でのおもてなしを優先してレストランウエディングを選ばれる傾向があります。

レストランウエディングとゲストハウスの比較↓

ゲストハウスウエディング

ゲストハウスウエディングは、専門式場の中から派生し「邸宅での貸切結婚式」を実現するために生まれたウエディングスタイルです。さらに、レストランウエディングのような貸切感とお料理も特徴ですので、二つのスタイルのいいとこ取りがゲストハウスウエディングとなります。ゲストハウスウエディングは2000年ごろに始まり、海外映画のような異空間でありながら、プライベート性の高さで我が家のようにくつろげるとして、徐々に人気を集めています。

<関連記事>
ゲストハウスウエディングの人気の秘密
ゲストハウスウエディングで喜ばれるいまどきの演出

 

ホテルとゲストハウスウエディングを比較

ホテルウエディングとゲストハウスウエディングのどちらで結婚式を挙げようかと悩まれるカップルは多いようです。

両者の共通点は、施設によるところもありますが、重厚な雰囲気や品の高さがあるところかと思います。
また、スタッフにおいても、ホテルは一流のサービス力、ゲストハウスウエディングは専門知識を学んだスペシャリストという点で双方安心感があるでしょう。

異なる点は、宿泊施設の有無、貸切にできるかどうかの2点が大きな違いです。

ホテルには当然、宿泊施設があり、ゲストハウスにはありません。

遠方からのゲストが多い際は、ホテルウエディングの利便性に軍配が上がります。
ただしこの点には注意が必要です。高級ホテルだった場合には、宿泊代も一流の価格帯。ゲストへの宿泊をメリットとしてホテルウエディングを選んだものの、宿泊費が予算に収まらず、結局近隣のホテルを手配することになるケースはよくありますので、事前の下調べを行いましょう。

次に、貸切にできるかどうかですが、こちらはゲストハウスのみ可能になります。

ホテルは施設規模が大きく、同じ日に何組も結婚式が行われますし、様々な目的の利用客で賑わっています。
一方ゲストハウスウエディングは、複数の会場を持っている施設は増えてきましたが、結婚式以外の利用客はいませんし、状況によってフロア貸切や一棟貸切を可能にしています。プライベート性や特別感を重視したい方には、ゲストハウスウエディングが好まれます。ただし、お日柄の良い日程だと埋まってしまう可能性が高まりますので、貸切を優先したい場合は日程の調整が必要かもしれません。

費用面では、ゲストハウスウエディングの方が高いと明示している情報をよく見かけますが、ホテルのグレードによってはゲストハウスを上回る場合も多々あります。施設や状況により異なる点を念頭に、ジャンルではなく施設ベースで比較すると良いでしょう。

 

専門式場とゲストハウスウエディングの比較

先にも説明した通り、ゲストハウスウエディングは専門式場から派生したジャンルになりますので、言い換えれば専門式場とゲストハウスウエディングでは同様のメリット・デメリットがあると言えます。

専門式場は1970年代に始まり、その後2000年代にゲストハウスウエディングが誕生していますから、新しい施設で、より現代的でハイセンスな結婚式を望まれる方はゲストハウスのスタイルを好む傾向があります。逆に、ご年配のゲストが多い場合などは、古くから馴染みのあるスタイルの方が安心感があり、専門式場を好む傾向があるようです。

費用面では、こちらも施設によるところが大きいので一概には言えませんが、ゲストハウスが貸切に特化していた背景もあり、専門式場の方が費用を抑えられる傾向にあります。
しかし近年では、ゲストハウスでも複数の会場を持つ施設が増えてきましたので、費用差は縮まってきています。

 

レストランウエディングとゲストハウスウエディングの比較

先に説明した通りですが、「専門式場」と「レストランウエディング」のいいとこ取りが「ゲストハウスウエディング」になりますので、レストランとゲストハウスには共通点が多くあります。

まず双方ともに、美味しいお料理を提供している点です。

次に、レストランウエディングはほとんどが貸切で行われ、ゲストハウスでも一棟貸切やフロア貸切できる点が共通しています。

明確な違いは、挙式施設の有無と専門性です。

レストランウエディングでは、基本的に挙式施設を持っていませんので、別で手配するか、披露宴のみを行う事になります。
また、通常ではレストランとして営業していますので、施設内は結婚式のための導線になっていない場合が多く、移動がスムーズでなかったり、ゲストの位置から高砂(新郎新婦の席)が見えにくかったりする場合があります。
手がけるスタッフも、結婚式の専門教育を受けたゲストハウスウエディングと比較すると、心もとないかもしれません。

ただし、このようなデメリットに映る点も、コストを抑えていると言い換えれば、自分たちで結婚式を作り上げる意気込みがある方にとっては大きなメリットとなります。

 

どのウエディングが理想を叶えられるのか

各ウエディングスタイルには、メリットもあればデメリットもありますが、どう感じるかは結婚式を挙げられるお二人の状況やゲストの顔ぶれによってさまざまです。

ゲストの年齢や宿泊などを考慮して、ホスピタリティ重視のホテルウエディングがベストかもしれませんし、費用を抑えて手作りのアットホームなレストランウエディングがマッチするかもしれません。

そして比較検討する際は、結婚式場タイプをひとまとめにして区別するのではなく、各施設、会場によってさまざまであることをお忘れなく。

それぞれの会場が持つ強みと弱みを把握し、お二人の理想の会場はどこなのかを見極めるためにも、結婚式で譲れないポイントを固める事が大切です。

 

結婚式パーティー体験に参加してイメージを膨らませて

いざ、どんな結婚式にしようかと考えても、誰もが初めての事ですのでなかなかイメージが湧かないもの。雑誌やインターネットでの情報収集も大事ですが、実際の挙式や披露宴を体験できるブライダルフェアに参加するのが一番です。

ブライダルフェアは、結婚式を具体的に決めているカップルに限らず、結婚にご興味があるカップルなら誰でも参加する事ができます。

明確なイメージがない、予算感もまだわからない、そんな時こそ、色々な会場のブライダルフェアに参加して比較することをおすすめします。

最新のブライダルフェア情報 https://esterio.com/fair/

 

あなたの一生に一度の結婚式を最高に楽しく

そして一生心に残る感動をお届けします

結婚式場 VILLA ESTERIO

 

VILLA ESTERIO ブライダルフェアページ

https://esterio.com/fair/

 

VILLA ESTERIO パーティーレポートページ

https://esterio.com/report/

関連リンク