Staff Blogスタッフブログ

分からないことがたくさん!結婚式の良くある疑問に答えます

豆知識 結婚準備 演出・アイテム ドレス・ヘア・アクセサリー

結婚式は皆「初めての経験」だからこそ、分からないことばかりです。結婚式の準備を進める上で、「これって皆どうしてるんだろう」とか、「こんなことがやってみたいけど実際どうなんだろう」と疑問に思うことはたくさんありますよね。

今回はそんな結婚式準備中の皆さんのために、皆さんがよく疑問に思うことについて、プランナー歴10年の私がお答えしてみたいと思います!ぜひ参考にされてくださいね。

良くある質問:ご祝儀について

さて、まずはお金の話です。ご祝儀は、結婚式をするにあたって、切っても切り離せない大切なことですが、ご祝儀についてはイマイチよく分かっていない人もたくさんいます。ここではまず初めに、ご祝儀について新郎新婦目線で見た時に気になること、よく質問されることを書いていきたいと思います。

質問①ご祝儀をあてにしているけれど、大体いくらくらい計算に入れておけばいい?

ご祝儀に関しては、皆さんかなり頼りにしていますし、当てにしていますよね。ご祝儀があるから、高額な費用が掛かっても結婚式は可能なのです。それでは、おおよそいくらくらいを見込めばよいのでしょうか。もちろん人によって包む金額は変わります。ですが、おおよそ一人当たり3万円を見ておいて良いでしょう。

お友達の列席者が多い場合は、2.5万円×人数で考えた方が良いかもしれません。そのくらいの金額は戻ってくると考えて結婚式を計画していけば大きく誤算になることはないと思っておいていいでしょう。

質問②ご祝儀で当日支払うことは出来る?

ご祝儀を結婚式の費用に充てたいと思うのは当然です。そこで良く聞かれるのは、当日ご祝儀で支払うことが出来るかという質問です。これに関しては結婚式場にもよりますが、ほとんどの場合、「一部ご祝儀で当日支払い」という方法が認められています。

ここでひとつ、知っておいて欲しいことがあります。それは、「当日ご祝儀を開封して支払う」という作業は思っているよりも何倍も大変だということです。皆さんが包んでくれたご祝儀を開封するというのはかなり現実的な作業で、且つとても大切な作業ですから、結婚式当日にするのはとっても神経を使うことなのです。

せっかくの夢のような結婚式のひととき、このような現実的な作業をすることはあまりおススメは出来ません。

質問③ご祝儀で結婚式にかかる費用を全部カバーすることは出来る?

聞かれることが多いのがこれです。「結婚式を手出し無しで、全部ご祝儀でカバーすることって可能なの?」という質問です。これはもう本当にはっきり言いたいのですが、「ご祝儀だけで結婚式を行うなんて考えない方が良い」です。

正確に言うと、不可能ではないのです。ですが、本当にごく一部のかなり激安の式場でなければ、無理なのです。皆さんがもし、結婚式は素敵な式場で皆に喜んでもらえるような時間にしたいと思うのであれば、やはりご祝儀にプラスして、手出しで費用を負担しなければ、なかなか良い式場は見つからないと思っておいた方が良いでしょう。

良くある質問:結婚式の衣装について

次は、衣装関連の質問です。結婚式において衣装はとっても大切なポイントです。ウェディングドレスは一生に一度しか着ることが出来ません。とびきりこだわって、運命の1着を見つけたい、そう思うのが女心ですよね。それでは衣装に関して良くある質問について触れていきたいと思います。

質問①どうしてもウェディングドレスとカラードレスと着物が着たい!どうすればいい?

ウェディングドレスはもちろん着ますが、それだけでなくカラードレスも着たい。そう思う人は多いです。さらには、着物も着たいという人もたくさんいます。そうなると、衣装は3着着ることになります。3着となると、お色直しを2回するということになりますよね。これって実際どうなのでしょう。

結婚式の間に2度中座するということは、かなりの時間ゲストを待たせてしまうことになります。皆さんも経験があるのではないでしょうか、お色直しの多い結婚式に出た時に、「結構いないなー、長いこと」と感じたこと、あるのではないでしょうか。結婚式はゲストへの恩返しの場でもあるのす。そう考えるとなるべく長く皆さんのそばにいられた方が良いという考え方もありますよね。

質問②色打掛と白無垢どちらがおススメ?

色打掛は色鮮やかで、とっても可愛らしく艶やかな和装です。それにひきかえ真っ白で純潔そのものなのが白無垢です。どちらがおススメかなんてなかなか答えられることではありません。

色鮮やかで、ヘアスタイルも好きに選べる色打掛は遊び心がありますが、白無垢はそうではありません。その代わりに白無垢には白無垢にしかない、独特な雰囲気があります。着こなし方で個性を出したいのであれば色打掛、そうではなく、昔ながらの伝統的な衣装に身を包みたいのであれば白無垢を選べばよいのではないでしょうか。

質問③持ち込みのドレスが着たい!その方が安くなりますよね?

衣装を持ち込みたいというのは良くある話です。ですが、そのほとんどが「その方が安くなりそうだから」と思っているからというケースが多いのです。そもそも結婚式場には契約している提携の衣装店があったり、自社の衣装店があることがほとんどです。

そこで持ち込みドレスを、と考える人が多いのですが、そうなると「持ち込み料」がかかります。1着につき3万円とか5万円とか、式場によって決められている持ち込み料がかかるのです。これに加えて、持ち込み衣装は何かあった時に誰も何もサポートしてくれないというリスクがありますので、そういうところまでしっかり考えた上で決めた方が良いでしょう

お安くなったとしても、せっかくの結婚式でトラブルが起こりでもしたらたまったものではありません。

良くある質問:アルバム・ムービーについて

さて、結婚式でお金がかかるのが「アルバム・ムービー関連」です。アルバムやムービーというのはとってもお金がかかるのです。ですがアルバム・ムービーこそが、結婚式を永遠に思い出に残すことのできるとっても貴重なアイテムなのです。それでは、良くある質問を見てみましょう。

質問①ムービーって実際残さなくてもいいと思うんだけど実際どうなの?

アルバムは、誰でも作ります。結婚式をしてアルバムを残さないなんて言うのは、本当にとってもとってもレアなケースです。ですが、ムービーは作らない人たちも大勢います。ムービーがなくても写真があればいい、そう考える気持ちは十分に理解できます。

ですが、実は結婚式を終えたカップルへのアンケートで、「やっぱりやっておけばよかったランキング」のナンバーワンがなんとムービーなのです。つまり、予算の都合で諦めたものの、やっぱり残しておくべきだったと後悔する人たちが多いのでしょう。

というわけでムービーはやっぱりお金がかかっても残した方が良いというのが答えです。ムービーは新郎新婦が見ていない時に、ゲストがどんな表情をしていたかもしっかり映してくれていますからね。それは写真では表すことのできない、絶妙な雰囲気をそのままに残すことが出来る特別なアイテムなのです。

質問②アルバムにあまりお金をかけたくないけどどうすれば?

打ち合わせをしていると、結婚式にあまりお金をかけたくないあまりに、アルバムの予算をなるべく抑えたいという人たちはたくさんいます。

ですが、結婚式をするにあたって、やっぱり素敵なお写真を残したいと思う人は多いはずです。素敵な結婚式場で、素敵な衣装を着飾って、その大切なひとときの記念を写真にして残すことはとっても価値のあることです。確かにアルバムは安くはありません。高価な物であれば50万円を超えるものもあるでしょう。

ですが、はっきり言えることは、予算を上げれば上げるほど写真のクオリティは上がります。値段が高いのには理由があるのです。特別な加工が出来たり、長年経っても色褪せないコーティングが出来たりしますから、きちんと商品の説明を受けて判断した方が良いでしょう。

質問③前撮りってやるべき?

結婚式の前撮りをする人たちも多いです。これの良いところは、結婚式当日では絶対に撮ることのできないようなお写真が撮れる点にあります。なぜかというと、結婚式当日はやはり結婚式が進んでいくので、お写真ばかりに集中していられないのです。ですが、前撮りは写真のためだけの1日ですから、この日ばかりは写真のことだけを考えることが出来るのです。

そしてもう1点、結婚式で着てみたい衣装が3着あったとしたら、そのうちの1着を前撮りにて撮影するというのもいい考えです。着てみたい衣装を1着も諦めることなく、全てを記念のお写真に残すことが可能になります。

良くある質問:食事について

結婚式を参列するゲストが「良かった」とか「悪かった」と判断するのは、いつだってお食事次第です。知人の結婚式に行っても後で思い出すのはお食事のことばかりではないでしょうか。結局のところ食事が美味しければ、良い印象に残るのです。さあ、それではお食事関連の良くある質問について見てみましょう。

質問①フルコースのランクを上げると予算がキツイ・・・何か方法はないの?

結婚式のお食事のランクをどうするかで、かなり総額に影響してくるのは確かですから、予算があまりない結婚式の場合にちょっとお食事をケチりたい・・・と考える人たちも多いのです。ですが、ゲストにがっかりさせたくないという気持ちもありますよね。

そんな時に使える方法が、「フルコースのランクは低くても、注目を集める一品をオプションで付ける」という方法です。例えば、オリジナリティの溢れるデザートや、ご当地グルメか何かでも構いません。印象に残るものがあれば、それだけで他のお食事のことよりも、オリジナリティのあるその一品がゲストの記憶に残るのです。

質問②ゲストに満足してもらえる演出がしたい、何かおススメは?

食事絡みで、ゲストに喜んでもらおうと思えば、一番良いのは「何か楽しめるものを用意する」ということです。例えば、人気のデザートビュッフェもおススメです。特に女性ゲストには喜ばれますね。

その他に、ちょっと変わり種ですが、お食事自体をビュッフェ形式にしてみるなんていう案も素敵です。これはもちろん式場側のOKがなければできませんが、ビュッフェにすることでゲストに動きが出るので、活気のある楽しいパーティーになりますよ。

また、ウェディングケーキをゲスト全員で作っていくというのも素敵です。どういうことかというと、ウェディングケーキの土台だけを作っておいて、上に盛り付けるフルーツはゲストに自由に盛り付けてもらうのです。主に女性のゲストが楽しんでやってくれるものにはなるのですが、出来上がったケーキは世界にひとつだけのウェディングケーキです。永遠に忘れることのない思い出になりますよ。

良い結婚式をすることにこだわらないことがポイント!

良い結婚式にしたいんです!そう思う人達はたくさんいます。もちろん自分たちの結婚式を良いものにしたいと思う気持ちは皆持っています。ですが、「良い結婚式」って何なのでしょうか。何が良い結婚式かなんて、誰が決めるのでしょうか。

大切なことは、ただ一つです。良い結婚式をしようと思うのではなく、二人らしい結婚式をしようと思ってください。来てくれるゲストは皆、二人の結婚式に来るのです。二人が幸せそうに二人らしい結婚式を楽しんでいる姿を見ることが、ゲストにできる最大の恩返しなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚式って、決めなくてはならないことがたくさんあって、疑問ばかりが浮かびます。他の人はどうしてるんだろうと思いますよね。でも、他の人がどうしているかだけを考えていると、二人らしい結婚式は作れません。人の真似事ばかりしていても、それは所詮「良くある結婚式」にしかなりません。

お二人が何にこだわりたいか、お二人らしさっていったい何なのかを考えてみると良いでしょう。そうすれば、きっとお二人の結婚式はとても素敵なものになるでしょう。

結婚式は一生に一度の大切なイベントです。後悔のないように、思いっきり楽しみましょう。お二人の結婚式が素敵なものになるように、心から応援しています!

 

関連リンク