Staff Blogスタッフブログ

ダーズンローズ

豆知識 結婚式 演出・アイテム

結婚式の演出で人気のダーズンローズ

新郎がバラの花束を新婦に渡してプロポーズして

新婦がその1本を新郎の胸に挿して「OK」の返事をするもの

そもそもダーズンローズはどういった意味があるのでしょうか?

ダーズンローズとは
「ダーズンローズ」とは12本(1ダース)のバラのこと

ヨーロッパに古くから伝わる風習で

挙式の前にゲストから贈られる12本のバラの花束を新郎から新婦に手渡し

新婦は「はい」という承諾の返事の代わりに

その中の1本のバラを新郎にブートニアとして胸にさす演出

日本では最近

人前式や披露宴で「サプライズプロポーズ」の演出として見られるように

 

このダーズンローズは

もともと「ブーケ・ブートニア」の由来にさかのぼりる

それは

中世ヨーロッパのあるカップルのエピソードと言われている

男性が愛する女性にプロポーズしようと決心し

女性の家に向かう道中に咲く花を花束にしてプロポーズをしたところ

その女性は受け取った花束から一輪の花を取り

男性の胸元に挿して「よろしくお願いします」と答えた

という伝説

ここからダーズンローズの歴史が始まった

そんな「ダーズンローズ」12本のバラには意味がある

 

12本のバラの意味

感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情

情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠 と言う12の意味を持ってる

人の人生にとってとても大切なこと

こんな日がある

ダーズンローズ・デーというダーズンローズの日がある

それは12月12日

1年に一度

恋人にダーズンローズをプレゼントし愛情を誓う日

とってもロマンチックな日

バラじゃなくたっていい

愛する人へ心を込めて12本の花束をプレゼントしてみよう

では

実際の結婚式でのダーズンローズを使った演出例をご紹介

 

人前式での演出方法

事前に12本のバラをゲストに配る

おふたりと親しい方12名に協力してもらおう

新郎の入場

入場しながらゲストの中の12人からバラの花を新郎は受け取る

新郎は集めた12本のバラをまとめ

ひとつの花束(ブーケ)にする

その後入場した新婦へバラをプレゼント

新婦はその中から一輪のバラを新郎の胸ポケットへ

こちらは王道のダーズンローズセレモニー

 

披露宴での演出方法

挙式と比べて

エンターテイメントな要素が強くなるのが披露宴での演出

まずは挙式と同じようにゲストの中から12名の方を選ぶ

事前に生花のバラを1輪ずつ12名の方に渡しておく(中座時になど)

そして

再入場時やクライマックスの新郎謝辞などのタイミングで

司会の方から「お願いします」の一声で

12名の方が新郎へ一輪のバラを渡しに行く

その際

12名の方は何か新郎や新婦へ一言

祝福の言葉を伝えてみるといい

12輪のバラを受け取った新郎は新婦へお手紙を読んでみるのは?

愛のお手紙を読んだ新郎はバラの花束を新婦へプレゼント

とっても感動的な演出

もし

新郎だけではなく12名のゲストの方たちにもっとスポットをあてるとするならば

12名の方からお二人へのメッセージビデオを作成するのもいい

ダーズンローズの演出は

ゲスト参加型であることから

アットホームな結婚式がご希望のカップルにはとても人気のセレモニー

一つ一つに意味がある

ロマンティックな演出で

おふたりだけのオリジナルのウェディングをお迎えください

 

あなたの一生に一度の結婚式を最高に楽しく
そして一生心に残る感動をお届けします
結婚式場 VILLA ESTERIO

VILLA ESTERIO ブライダルフェアページ

ブライダルフェア

VILLA ESTERIO パーティーレポートページ
https://esterio.com/report/

 

 

 

関連リンク

お色直し

豆知識 結婚式

お色直しの歴史は奈良時代から始まっています 結婚は女性が男性の家に嫁ぐことがほとんどで 当時結婚して3日間は 「清楚」「純潔」「純粋」という意味…

ベール

豆知識 結婚式

キリスト式や人前式で 新婦様が身に着けるベール ウェディングドレスの装飾の一部だと思っていませんか? そんなあなたに ベールの意味を今回ご紹介し…

誓いのキス

豆知識 結婚式

教会でのウェディングで 皆さん思わずキューンとなってしまうのが 誓いのキスのシーン 近代では唇だけではなく おでこや鼻 ほっぺや耳たぶと様々な場…