Staff Blogスタッフブログ

単なる式場見学とどう違う?ブライダルフェアに参加するメリットとは

式場探し 結婚準備 結婚式

結婚式場を決めるときには、複数の結婚式場のブライダルフェアに参加する人が多いですが、ブライダルフェアのメリットは式場見学のみにとどまりません。単なる式場見学とブライダルフェアの違い、皆さんはご存知でしょうか。

今回は、これから式場探しをスタートしたいけれど「ブライダルフェアって一体何?どんなメリットがあるの?」とあまりイメージが湧かない方にぜひ読んでいただきたい、ブライダルフェアのメリットについてのお話です。メリットを正しく理解し、今後のブライダルフェア参加をもっと有意義なものにしましょう。

ブライダルフェアとはそもそも何?

ブライダルフェアという名前はよく耳にするものの、一般的な式場見学との違いを理解していない人は多いのではないでしょうか。まずここでブライダルフェアとは何か、についてお話しておきたいと思います。

ブライダルフェアとは、結婚式場が企画するイベントのひとつで、新規の予約を獲得する目的で開催されます。このとき、見学に来る新郎新婦が当日の結婚式のイメージをよりしやすくするために、式場全体を結婚式当日と同じようにデコレーションしている場合がほとんどです。つまり、ブライダルフェアに参加することで、「ここで結婚式をしたらこんな感じになるんだな」と想像を膨らませることができます。

ブライダルフェア開催日は、一般の結婚式予約を一切入れずに新規のお客様のためだけに式場をオープンにするケースが多いのも特徴のひとつです。つまり、結婚式場にとってブライダルフェア当日は新規の予約の受注を何よりも優先する日。チャペルや披露宴会場を素敵に飾って、見学に来る新郎新婦を案内します。

ブライダルフェアと単なる式場見学の違い

式場を見学するだけなら、ブライダルフェアの日にちに限らず事前に予約さえしていればほぼいつでも受け付けてくれるでしょう。単純に式場見学に行くのとブライダルフェアに参加するのとではどのような違いがあるのでしょうか。

ブライダルフェアも式場見学も「式場内を見て回る」点においては同じです。ただ、式場見学に行ったところで当日結婚式がおこなわれていれば使用されている会場は見学することができません。必然的に、そのときに使われていない会場のみの見学になってしまいます。

また、このときに会場が結婚式当日のようにセッティングされているとは限りません。タイミングによってはテーブルなどが配置されておらず、会場を見てみてもイメージがしづらいこともあるでしょう。

ブライダルフェアにおいては、このような心配がありません。ブライダルフェアは会場を新規のお客様に案内するために設定された日です。すべての会場は当日さながらにセッティングされており、結婚式や他の予約で使われているため見学できない場所もほぼありません。つまり、見学に行く場合はブライダルフェアで見学する方が効率が良いと言えるでしょう。

ブライダルフェアに参加する3つのメリット

10//1

一般的な式場見学とブライダルフェアの違いについてはお分かりいただけたと思います。ここからはより詳しく、ブライダルフェアに参加するメリットをお話していきましょう。

メリット①式場をゆっくり隅々まで見て回ることができる

ブライダルフェアでは、挙式をおこなうチャペルから親族の待合室、そして披露宴をおこなう披露宴会場までのすべての施設を隅々までしっかりと見学することが可能です。先ほどもお話ししたように、この日は見学にくる新郎新婦のために式場全体のセッティングをして準備してくれているため、どこを見ても結婚式当日のイメージを膨らませやすくなっています。

一般的な式場見学でよくある、「今日は結婚式がおこなわれている関係でこちらの会場はご案内できません」などという事態は、ブライダルフェアにおいては基本的に起こり得ません。一度のブライダルフェア参加で式場全体をくまなく見学することができるため、非常に効率的だと言えるでしょう。

メリット②ブライダルフェア限定特典がある場合がほとんど

ブライダルフェアには、ほとんどの場合「ブライダルフェア限定特典」が用意されています。ブライダルフェアに参加するメリットの中でも特に大きいのがこの部分だと言えるでしょう。この特典には大きく分けて2種類あります。

  • 当日成約特典

ブライダルフェアに参加しそのまま成約する場合に、値引きやオプションのプレゼントなどの特典が適応されます。金額にして数十万円に相当することもあり、価値としては非常に大きな割引です。

  • ブライダルフェア参加特典

ブライダルフェアに参加し、そのまま成約してもしなくても参加したことに対して特典がもらえます。商品券やディナーチケットなどが一般的です。

特に、当日成約特典は大幅値引きに繋がるケースも多く、要チェックです。成約しなくてももらえる参加特典も嬉しいですね。このようなブライダルフェア限定特典がある点も、一般的な式場見学との違いです。お得に申し込みたい人にとっては特に見逃せないポイントですね。

メリット③料理の試食やドレスの試着などの限定イベントが開催される

ブライダルフェアの中には、特別な限定イベントが催されることも少なくありません。中でも特におすすめなのがお料理の試食付きブライダルフェアです。結婚式をおこなう式場の雰囲気を知ることはとても大切ですが、結婚式においてはお料理のクオリティもとても大切なポイントですよね。候補の式場で試食付きブライダルフェアが開催されている場合は、ぜひ参加されることをおすすめします。

この他にも、チャペルで実際に新郎新婦のモデルを使った模擬挙式をおこなうイベントや、ドレスを試着することができる試着付きフェアなどさまざまなイベントが開催されています。このような限定イベントもブライダルフェアならでは。お探しのエリアで開催されている場合は、ぜひその日を狙って参加しましょう。

ブライダルフェアに関するよくある質問Q&A

ここからは、ブライダルフェアに関して多くの人が疑問に感じることについてQ&A方式で回答していきましょう。実際にウエディングプランナーを経験していた筆者が、頻繁に聞かれた質問ばかりを掲載しています。皆さんの疑問もきっと解決するのではないでしょうか。それでは早速内容に進みましょう。

質問①ブライダルフェアに参加する日に新郎の都合がつかない、新婦ひとり参加でもOK?

意外と多いのがこのケース。新郎新婦の休みが合わず、どうしてもカップル揃ってブライダルフェアに参加するのが難しい場合はおひとり参加ももちろん大丈夫です。

ただし、この場合は新婦に決定権がある方が良いでしょう。というのも、ブライダルフェアには当日成約特典があるため、仮にその式場を気に入ったとしたらその場で決めることで大きな値引きをゲットできる可能性もあります。もしものときに備えて、「式場を気に入ったら決定しても良いか否か」を新郎と話し合っておくことをおすすめします。

質問②その日に別の式場のブライダルフェアの予約も入れたい、時間はどの程度みておくべき?

式場を検討する段階では、数カ所の式場を天秤にかけている場合がほとんどでしょう。ブライダルフェアの参加も1日に2会場以上の予約を入れたくなる気持ちはとてもよく分かります。1日に2会場のブライダルフェアの参加はそう難しくないと思いますよね。ですが、案外ブライダルフェアは時間がかかります。1会場につき少なくとも2時間、長ければ3時間ほどかかることも少なくありません。

もう一方の式場にブライダルフェアの予約を入れる場合は、時間的に余裕を持っておいた方が良いでしょう。そして、確実に言えることは「1日に2会場のブライダルフェアに行くと体力的にも時間的にもかなり負担が大きい」ということです。なるべくなら別日に予定されることをおすすめします。

質問③まだ本格的に検討はしていないけれど雰囲気は見てみたい、参加しても大丈夫?

ブライダルフェアに参加する人のほとんどは、式の日程や人数を「おおよそ」イメージできているカップルです。もしも今の時点で「いつ結婚式を挙げるか」「何名規模でおこなうか」見当もつかない場合は、もう少し具体的になってからブライダルフェアに参加する方が、より有意義な時間になるでしょう。

というのも、見学するにせよゲスト人数に合った披露宴会場を見学しなければ意味はありませんし、時期が未定であれば決定することは到底できないでしょう。まだ曖昧な段階でブライダルフェアに参加すること自体は可能です。ですが、検討材料として有益な情報を集めたいと考えるのであれば、より具体的なイメージが固まってからフェアに参加する方が効率は良いですね。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はブライダルフェアについてのお話でした。ブライダルフェアに参加するメリットはたくさんあります。候補の式場を絞ったら、まずはブライダルフェアの日程をリサーチしましょう。ブライダルフェアに参加することで、お目当ての式場のより細かな情報がたくさん得られるはず!さらにお得に申し込めるチャンスもあるので、この機会を逃がす手はありませんね。

関連リンク