Staff Blogスタッフブログ

結婚式のブーケ選びは何を基準にするべき?知っておきたい基本のブーケデザイン

未分類

結婚式に欠かせないアイテムのひとつとして忘れてはならないのがブーケ。美しいブーケを持つ花嫁のドレス姿はとても素敵です。純白のウェディングドレスだからこそ、どのようなブーケを手に持つのかによって、全体的な印象も変わります。

今回はウェディングブーケに注目し、その選び方や基本となるデザインについて解説していきたいと思います。

ウェディングブーケが結婚式において重要である理由

ブーケにこだわりたいと考える人は多くても、なぜ結婚式においてブーケが重要なのかを知らない人は案外多いのではないでしょうか。ただ単に、花嫁がドレス姿で持つブーケだから大事に選びたい、というのも正解なのです。

しかしブーケが大切なのはそれだけの理由ではありません。ここではブーケが結婚式において重要である2つの理由についてお話ししましょう。

ブーケによって花嫁の見え方が変わるから

皆さんご存じのとおり、結婚式当日に花嫁がどのようなブーケを持っているかで見た目の印象が大きく異なります。同じドレスを着ていても、そこに可愛らしいピンク系のブーケがあるのか、もしくはグリーンを大目に取り入れたナチュラルなブーケがあるのかで、花嫁の見え方は変わりますよね。このように、花嫁の印象を変えるのはドレスだけではなく、そこにはブーケも大きく影響するということ。だからこそ、ブーケをどう選ぶかはとても大切なポイントとなります。

ブーケにどのような色味を持ってくるかで会場コーディネートも変わるから

花嫁のブーケはそのまま結婚式全体の雰囲気にも影響します。というのも、結婚式のパーティー会場の装花を決める際にもウェディングブーケとの相性を常に重視する必要があるからです。

例えばブーケがとても女の子らしい可愛い系のチョイスなのに関わらず、会場の装花がとてもシックで大人っぽいイメージだとどうでしょう。会場と花嫁の雰囲気がミスマッチになってしまいますよね。ウェディングブーケをどう選ぶかによって、会場装花まで変わってくることを考えると、やはりブーケはとても重要なアイテムだと言えるでしょう。

ウェディングブーケはどう選ぶ?知っておくべき3つのブーケのスタイルとは

ウェディングブーケを選ぶ際には、色味や花の種類にこだわりがちですが、実はブーケには基本となるデザインがあります。たくさんのデザインの中で、ウェディングブーケによく使われているのは3つ。

ここではその3つのデザインについて紹介します。それぞれの特徴を知り、どのデザインがお好みに近いか考えてみましょう!

まん丸のフォルムが可愛らしい「ラウンドブーケ」

最初に紹介するのはラウンドブーケです。見た目の印象は「可愛らしい」と感じる人が多いのではないでしょうか。コロンとした丸いフォルムが特徴のラウンドブーケは、その名のとおりラウンド型で作られているブーケのことです。大きさ的には大きすぎず、ドレスの魅力をしっかりと引き立ててくれるラウンドブーケは、特に可愛い系の雰囲気を目指す花嫁に人気があります。

このブーケは、主張しすぎない形なので、選ぶ花の種類で見た目をかなり変えていくことも可能です。ラウンドブーケをピンク系のお花で作ると、出来上がりはとても可愛らしいガーリーな仕上がりになります。これをホワイトやブルーのお花で作ると、もう少し大人っぽい印象になりますね。このように、ラウンドブーケは使う花材で見る人の印象が変わる、非常に使いやすいブーケのデザインです。

エレガントで優雅なスタイル「キャスケードブーケ」

キャスケードとは流れる滝を意味します。その名のとおり流れるようなデザインが特徴的な大ぶりのキャスケードブーケは、とても華やかでエレガントな印象です。特徴としては、下に垂れ下がる部分が長くブーケ自体が比較的大ぶりな点です。下に垂れ下がる部分は下に行くにつれてどんどん細くなるようにデザインされます。

このブーケは、インパクトがあるためドレスはシンプルなものでもよくマッチします。特におすすめなのは、トレーンと呼ばれるドレスの裾が長く作られているタイプのドレスに合わせる方法。ドレスの裾のイメージと、キャスケードブーケの流れるようなデザインが良くマッチしてとても素敵ですよ。

これに似たもので「ディアドロップ」と呼ばれるデザインのブーケがありますが、こちらはキャスケードと似た形ですが垂れ下がる部分が短めに作られています。ティアドロップは「しずく」を意味します。しずくの形によく似たこのブーケは、キャスケードに比べてやや控えめではありますが、可愛らしさと優雅さのバランスが取れた人気のデザインです。

ナチュラルでオシャレな「クラッチブーケ」

クラッチブーケの特徴は、わざと茎を見せる形で束ねている点にあります。このため、パッと見たときに茎のグリーンが見えてとてもナチュラル。ラウンドブーケと変わらないくらいの大きさですが、見え方の印象はかなり違います。茎が見えていることでグリーンが視覚に飛び込んできます。そして、茎のグリーンが見えることにより見た目の印象は大きく変わります。

どちらかと言えばナチュラルな雰囲気の強いクラッチブーケには、屋外での撮影やリゾート感あふれるガーデンや海辺の撮影がとても良く合います。また、会場の装飾を自然をたくさん感じられる「グリーン多め」のデコレーションにしたいと考えるカップルが多いこの時代に良く合うブーケのデザインとも言えますね。軽やかでナチュラル、その中にきちんと可愛らしさがある素敵なブーケです。

ウェディングブーケ選びはドレスが決まってから始めよう

お花が好きな女性にとっては、結婚式でどのようなブーケを持つのかを考えることはとても楽しみな部分でもあります。「あのお花でクラッチブーケにしたらどんな感じになるかな」など想像を巡らせるだけでもワクワクしますよね。

ですが、ブーケを選ぶのはウェディングドレスが決まってから。順番はしっかり守りましょう。というのもやはり着用するドレスのデザインによっては、あまりしっくりこないブーケのデザインというものがあるからです。まずはドレスを決めて、そのドレスに合うブーケ選びを始めましょう。

もしも、結婚式で持ちたいブーケのイメージが、初めから具体的にある場合にはこの限りではありません。逆にブーケに合わせてドレスを選んでいくという方法もあります。一般的にはドレス→ブーケの順番ですが、よりこだわりたい方から決めてしまっても大丈夫です。

大切なのは、ブーケとドレスがしっかりとマッチしていること。例えばものすごくナチュラルでシンプルなドレスを選び、リゾート感を全面に出したいと思うときにはエレガントなキャスケードは少し合わないかもしれません。このように、求めるテイストに近づけるにはどのようなドレスとブーケが良いのかを考えていく必要があります。

まとめ

ウェディングドレス選びにもこだわりたいですが、当日花嫁が持つブーケをどう選ぶかもとても大切です。ここではブーケデザインの基本となる3種を紹介しました。皆さんの好みに合うブーケはありましたか?ブーケは結婚式の際に写真撮影でもよく使われるアイテムです。後から振り返って、「このときのブーケ、本当に素敵だったなぁ」」と思い返せるような魅力的なブーケを選びたいものですね。

関連リンク