Staff Blogスタッフブログ

結婚式で「あれはやっぱりやるべきだった」ランキング上位は〇〇だった!

豆知識 結婚準備 結婚式 演出・アイテム

結婚式にはあれこれとたくさんのオプションを追加していきますが、その中には予算都合であきらめるものも出てくるでしょう。何もかも好きなだけ選んでいけばそれだけ予算は上がっていく一方です。結婚式を終えた新郎新婦が「あれをやっておけばよかった」と後悔するアイテムのランキング上位に常にあるもの、それは一体何なのでしょうか。

後悔のない結婚式にするために、先輩カップルたちの意見を聞き本当に価値のあるオプションは何なのかを聞いてみましょう。

予算都合で削られがちな「結婚式のムービー撮影」オプション

結婚式においては、必ず必要なマストアイテムから選んでいくのが通例です。お料理や引出物、写真撮影などは「必須項目」として検討していくもの。それ以外のオプションはそれぞれのカップルが優先順位を決め、その優先順位が高いものから選択していきます。

例えば、キャンドルサービスもオプションですし、挙式の後のフラワーシャワーも追加オプションである場合がほとんど。このようなオプションには当たり前に費用がかかります。「あれもやりたい!これもやりたい!」とすべてを追加すると予算オーバーになることが多いです。

費用を考えるとどうしても削られることが多いのが、「ムービー」関係のオプションです。写真撮影もそうですが、撮影関係のオプションは費用がややお高めです。写真に関しても質が良く撮影カット数の多いアルバムを選ぶと、それだけで10万円単位で見積もり金額が跳ね上がりますよね。

ムービーに関しても同じことが言えます。どちらかと言えば「写真は絶対必要」と考える人が多く、「ムービーは撮ってもらいたいけれど予算を見ながら考えよう」となるケースが多いです。結果的に、ムービー撮影を入れることで予算オーバーになるなどの理由で、ムービー関連のオプションをあきらめるカップルは少なくありません。

 先輩カップルが「やっておくべきだった」と後悔するのがムービー撮影

予算都合で削られることが多いムービー撮影ですが、これこそが結婚式を終えたカップルが後悔することの多いポイントでもあります。つまり、「結局付けなかったけれど、やっぱりムービー撮影はやっておくべきだったな」と感じる先輩カップルたちがとても多いということ。これは一体なぜなのでしょうか。その理由を2つ紹介します。

理由①結婚式が予想以上に素晴らしいもので少しでも多くの思い出を残したかったと感じる

結婚式の良さは、実際に挙げてみなければ分かりません。もちろん、「素敵な結婚式にしよう!」とこれまで準備をしてきて迎える当日です。新郎新婦も当然素晴らしい結婚式になるだろうとは思っていることでしょう。ですが、結婚式の実際の感動やその雰囲気の素晴らしさは、その予想をはるかに上回ります。

というのも、結婚式を挙げたカップルのほとんどが、「思った以上に素晴らしかった」と感じているのです。まさに、挙げてみるまでその素晴らしさは予想できることではないということ。そして、そのときにはじめて「こんなに素敵なら結婚式のムービー撮影はやっておくべきだった」と後悔の念が生まれるのです。

理由②アルバムの写真を見たときに「動画があったらすごく素敵だっただろうな」と感じる

結婚式が終わって、1ヵ月が過ぎるころになるとアルバムが完成し始めます。アルバムが納品されたら、カップルは当日を思い出しながらその素敵な写真たちを見返して感動に浸ります。少し時間が経っているからこそ、「ああ、このときそういえばこうだったね」「この会場装花もすごくオシャレで素敵だったよね」とあらためて感じることができるもの。このときに結婚式の良さを改めて思い出すカップルの多くが「ムービーがあったら良かったなぁ」というちょっとした後悔です。

写真だけで結婚式を振り返ることはもちろんできますが、ムービーはまた別物。結婚式が素敵だったからこそ、もっとたくさんの場面を動画で見ることができたらどれほどいいだろう、と思うのでしょう。

お金をかける意味がある!ムービー撮影の3つの魅力

ここからは、これから結婚式を挙げるカップルの皆さんに向けて、ムービー撮影の魅力についてお伝えします。費用が気になっていても、なるべくならムービー撮影は選択することをおすすめする理由がきっとお分かりいただけると思います。それでは、ムービー撮影の3つの魅力をご紹介しましょう。

魅力①プロによるムービー撮影はまるでドラマや映画のような完成度

ムービーをゲストに撮影してもらうという方法もあるのですが、これとプロの撮影を比較するとそこに大きな違いがあります。プロのビデオマンによる映画の撮影はまったく別ものです。何が違うかと言うと「完成度」、これに尽きます。

完成したムービーを見てみると、「私たち、ドラマの主人公になったみたい!」と、その完成度の高さに驚かされることはよくあります。それくらい、プロの腕前はすごいのです。素人が撮影しても、やはりここまでの完成度には及びませんし、比べてみると一目瞭然です。

魅力②「写真があるからムービーはいらない」は間違い!写真とは違う動画ならでは臨場感

静止画には静止画の良さがあります。写真はその角度や瞬間的な表情を収めることができる唯一の方法。結婚式において写真が重要なのは、やはりそこに「完璧と言えるほど美しい姿」を残せるからではないでしょうか。

動画の魅力はこれとはまったく違うところにあります。動画は動きをそのまま永久保存しているものなので、これを見るたびにそのときの気持ちや状況がとてもリアルに思い出せます。写真ではここまでの臨場感はありません。結婚式のムービー撮影をしても、「振り返ってみる機会なんてあまりないだろうし」と思うカップルも多いとは思います。確かにそうかもしれません。ですが、いつでも見るだけでそのときにタイムスリップできるのがムービーの良さ。たとえ何年かに一度だけでも、結婚式のムービーを二人で見返して、思い出話に花を咲かせる時間があると素敵だと思いませんか?

魅力③新郎新婦だけでなくゲストの表情がよく分かる

ムービーには新郎新婦だけでなく、ゲストももちろん撮影されています。ムービーの魅力は、新郎新婦が見ることができなかった瞬間を後でムービーで見ることができる点にもあります。例えば、新郎新婦がお色直し入場をしたときの様子を例に挙げましょう。そのときに末席にいる新新婦のご両親が、どのような表情でふたりを見つめていたかなんて新郎新婦は知る由もありませんよね。ムービーには、このような「新郎新婦が結婚式当日に見ていなかった場面」がたくさん収められています。

「あのときおばあちゃん、こんな表情してたんだね」などと後から振り返って、さらに新しい感動をかみしめることができる点はムービーならではの魅力。ムービーに収められている結婚式の様子を見るのは、結婚式をさらに違った視点で体感することができるため、新郎新婦にとっても新鮮に感じるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚式のムービー撮影は確かにお安くはありません。ですが、ムービー撮影にはそれにしかない特別な魅力がたくさん詰まっています。予算と相談しなければならないところだとは思いますが、多くの先輩カップルたちが「ムービー撮っておくべきだった」と後悔しているのは事実です!それだけの価値があるムービー撮影、ぜひ皆さんも前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。

 

関連リンク